イースター

a0057348_16434331.jpg


日曜日だった昨日はイースターでした。
イエス様が私たちの罪のために十字架に架かった後、3日後によみがえった日を祝う日です。
それを前にして土曜日には子供イースターパーティーがありました。
日曜学校にきている子や、牧師夫人のやっている英会話教室にきている子供たち20人くらいが集まって、小さな教会はにぎやかになりました。
一番最初にイースターについての紙芝居を聞いた後は、Egg Hunting。
外や教会の2階に隠した卵を子供たちは一生懸命探していました。
そのあとは、卵にクレヨンで絵を描いて、色づけをしました。
皆それぞれ、卵に花をかいたり、ハートをかいたり、顔をかいたり。
ある男の子は、ムンクの「叫び」を卵に描いた後、落として卵(幸いゆで卵でした)にヒビをつけてしまいました。
「それヒビが入ってさけんでることにしたら?」と言ったら、面白くなって「反対側にもヒビを入れよう!」と優しくコンコン卵を叩いていました。
子供って面白いね。

ところで、なんでイースターに卵?
調べてみたら、
ひよこが卵の殻を破って出てくるように、キリストも死という殻を破ってよみがえられたので、新しい命をもつ「卵」が復活のシンボルとされているそうです。

イースターでの一時を通して、子供たちに神様の愛、そして神様から来る希望が心に蒔かれていますように。
[PR]

by sshioo | 2008-03-24 17:07 | Everyday Life