<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

prayer リクエスト

もうすぐ、新しいステップを踏む事になりました。

焦らず、ゆっくり、でもしっかり神様を見つめて歩む私なりの人生にしたいと思っています。

人間的な心配、恐れは、神様を曇りガラスで見えなくしてしまう。

そんなことが分かった最近だったから。

ただただ恐れを神様におゆだねして、しっかりと神様を意識して、神様を私の人生のど真ん中において

生きて行きたいと思います。

どうか、お祈り下さい。
[PR]

by sshioo | 2009-12-27 23:46

Merry Christmas!

a0057348_2015323.jpg


クリスマスおめでとうございます!!

クリスマスと言えば、ケーキ、プレゼント、ライト、ツリーにサンタクロース?

わくわくする事が沢山あるけれど、

最高のクリスマスってなんだろう?

それは、きっと、ロマンティックな食事を好きな人とする事でもなく、高価なプレゼントをもらう事でもなくて

どんなに味気ない所にいても

私という罪人の頭のことさえも、愛してやまない神様がいること。

そのことを、心でしっかりと受け止めて、神様にありがとうと言えるクリスマスなんだなと、教えてもらったイヴでした。

イエス様、誕生日おめでとうございます。 地球に私たちの為に来てくれて、ありがとう。

I hope ya'll are having Merry Christmas!

May God bless you!!!!
[PR]

by sshioo | 2009-12-25 20:25

写心

写真ってね、そこにある情報を写し出すものなんだけど、

でもねそれだけじゃなくて、写し手の心も実は写し出してしまうものなのです。

なんて、偉そうに宣言しちゃったけど、本当にそうだなと、思ってます。

好きだと思って、何かを撮ればその思いが写真に現れるし、

面倒くさいと思って撮ればその気持ちが出てくる。

緊張して撮れば、それが見て取れるし、ゆったりした気分で撮ればそういう写真に仕上がる。

たとえ、自分の気持ちが自分で分からないときだったとしても、そのときの作品を見ると、ああ、あの時はこんな葛藤をしてたんだ。と、素直に気持ちが写真に出てくる。

とある写真家が写真は写心(心を写す)である。といったけれど、その通りだと思う。

なんで、こんな事をズラズラ語っているかと言うと、

この間の木曜日に、すごい写真を見てしまったから。

セバスチャン・サルガド  アフリカ展 

たまたま日曜美術館というテレビ番組の再放送が目に留まって、「この人の作品良いねぇ〜。」と言った私に
「行ってこい!」という母ちゃんの太っ腹な計らいで、日帰りで東京まで見に行ってきました。

写真展の内容は、ルワンダ紛争を初め、ヨーロッパの植民地支配のせいで内戦の耐えないアフリカを写したフォトジャーナリズムが中心。

とても、悲惨な場所にセバスチャン・サルガドは行き

そして、そこに生きる人々をカメラで写した。

目を背けたくなるような悲惨な場面の写真もあった。

でもね、見ていると不思議と怖くなかったし、逆に心が温かくなるような気持ちになってる自分がいた。

それは、可愛い4歳のMくん(大好きな友達のMちゃんの愛息子)を抱っこしながら見ていたというのも会ったのかもしれないけれど、

難民に降り注ぐ光。

疲れきった目。恐怖の入り交じった目。

そんな中にも、光があった。

それが、どうも神様の愛に見えてしょうがなかった。

前に言った、写真は撮り手の心を写す。という言葉。

このセバスチャン・サルガドの写真をみると、愛がそこに会った。

日曜美術館で、言っていたんだけど、
ある人がサルガドの写真をみて、こんなにひどい状況を、光を持って幻想的に写し出すなんて不謹慎だ。
と反論したらしい。(って、かなりあやふやな私の記憶だから、言い方は違ったかもしれない。でも、まぁ、そんな感じの事を言ったらしいのね。)

でも、サルガドは「そこにも光があった。」と言ったらしい。

どんなに酷い目に会っている人々でも、どんなに悲惨な現実の中にも、神様の愛はそこにある。

サルガドの写した写真を見て、そこに愛が見えた。

p.s. 一緒に写真展に行ってくれて、楽しい午後の一時をおくらせてくれたN家の皆。ありがとうございます。
また、会いに行くね!
[PR]

by sshioo | 2009-12-10 22:51 | Photography

もうすぐ...

数週間前の話しになりますが、クリスマスカード用の写真撮影会をしました。

といっても、うちのお母さんとの2人でだけどね。

三脚もって近くの公園へ Let's Go!

残念ながら紅葉は終っていて葉っぱが殆ど落っこちちゃってたけど、

でも、代わりにコレコレ!!







a0057348_2175100.jpg


イチョウの葉っぱの絨毯v

もうすぐ、その時の写真の載ったクリスマスカードを送る予定で〜す。

欲しい方は、shioまでご連絡よろしく〜。


って、いないですかね...(^^;)

余談ですが、イチョウと言えば、銀杏。

撮影会の後は、靴が銀杏の匂いになりました(汗)

く、くさかった。。。
[PR]

by sshioo | 2009-12-07 20:51

この歳で

この歳でなめかんになってしまいました。。。

(なめかん=舌なめずり皮膚炎)

ず〜っと、唇を噛み締めて頑張ってきたからだ!!(笑) なんて、勝手に思ってますが、

私の唇の周りは赤黒くなり、まるで あの有名なおじさんのよう



a0057348_19224427.jpg


恥ずかしい。。。

皮膚科で、ステロイド系の薬を数ヶ月前に貰ったけど、ぬってみたら、よけいに目立つようになる気がする。

ほっといたら、直るかなと思って何もしないでみたけど、

なおらず

ずっとこのまま



a0057348_1925675.jpg


はずかしいなぁ。。。
[PR]

by sshioo | 2009-12-04 19:27

It's begging to look like Christmas

a0057348_22495348.jpg


前にも登場した事のある、私の部屋の机の風景。

今回は、クリスマス仕様です:)

小さなクリスマスツリーに、スノーマンのスノードーム。

左のランプの上に小さいトレイを乗せて、アロマオイルを垂らすと良い香りがします♪

最近のお気に入りは、リンゴの香り...

リラックス〜。

ところで、去年プラスチックの箱にクリスマスの飾りを入れてしまっておいたんだけど、

その箱が行方不明。

いったい何処にいってしまったんだろう??

オーナメントや、リースなんかが入ってたのにぃ。。。

お父さんが、どこか別の所にしまったのだと、睨んでいるのですがね。

***

水曜日の夜は、牧師館で牧師夫人とBible Class。

今日から、アドベントのろうそくを囲んで、クリスマスの話をしました。

ついついサンタクロースや、プレゼント、クリスマスの飾りに目がいってしまうクリスマスの季節。

居心地の良い天国を離れて、この世の中に限界のある人間として産まれてくれたイエス様のことを

忘れないクリスマスにしたいとおもいます。

神様の私たちへの最高の贈り物をしっかりと受け止めるシーズンを送りましょ♪
[PR]

by sshioo | 2009-12-02 23:02